お子さんと楽しめるスキー場の設備

小さな子供連れにあるとうれしいゲレンデの施設

>

小さなお子さんと利用したいスキー場の施設について

親御さんたちの味方「託児所」

小学生以下の小さなお子さん達とスキー場に来て、ソリ遊びや雪遊びをするのは、お子さんたちとの思い出になりますし、親御さんたちもとても楽しいと思います。
しかし、お子さんが小さい時にわざわざスキー場に来るという親御さんの多くは「自分がスキーやスノーボードを楽しみたい」という思いが強くあると思います。
そんな時、親御さんたちの強い味方になってくれるのがスキー場の託児所です。
託児所の素晴らしいところは、キッズルームなどと違い保育士さんがお子さんを見守ってくれているので、両親でスキーやスノーボードを楽しむことが出来る事です。

小さなお子さんがいて、スキーやスノーボードを躊躇してる方は、託児所があるスキー場を利用する事をオススメしたします。

上越国際スキー場

「上越国際スキー場」の最大の特徴はその広さにあります。
ゲレンデは、標高200mから1017mまで高低差817mあり、ゲレンデの総面積は東京ドーム214個分の380ha、最長滑走距離は6km、その中に初級コース、中級コース、上級コースを500mから1000m前後のコースを多く設定されています。

そしてファミリー向けの設備も充実しており、「キッズパラダイス」と呼ばれる、小さなお子さん向けのスノーチューブやスノーストライダーや雪遊びが楽しめる施設があります。
その中でも特に「託児所 ポーくんのおうち」では、保育士免許をスタッフが常駐して、2歳~6歳のお子さんを1時間コース、3時間コース、6時間コースで預かってくれるので、半日お子さんと遊んで、半日は託児所にお子さんを預けてスキーやスノーボードを楽しむことも出来ます。


このTOPICSをシェアする